(i.s.)

こととか

文章

今日は久しぶりに文章を書くことがあって書いたら楽しかった。このブログは読んだ本、見た映画、聴いた音楽などについて書きたいと思ってアカウントだけ作って放置してた。のでボチボチ書いて行こうかなと思った。

 最近アントキノイノチという映画を見て良かった。少し昔ゲオかどこかで見かけたときは主演の岡田将生も好きじゃなかったし、タイトルもダサくてスルーした。今はhuluで気軽に見れるからなんとなく見てみたらすごい泣いた。映画の内容がどうというより、『生きるってのはとっても恥ずかしいことだ』というセリフが出てきてそこがとても良かった。この世のどこかでそういう感覚で生きてる人がいるってわかっただけで孤独感が薄れたし、自分の嫌な部分とかを少し肯定できるような気がした。思い出したくもないようなことも、人に見せたくないような部分も、そりゃ当然あるよなあという感じ。みんな問題を抱えながら生きたり耐えきれずに死んだりして、それで何も欠けてないと思う。

 あと最近良かったのはいちごつみというお菓子。とても可愛いチョコなんだけど名前に罪って入ってるのがとても良かった。終わり。f:id:j9hara:20170629003901j:image